2021年10月17日日曜日

F210耕うん機のエンジンが始動しない

F210耕うん機のエンジンが掛からなかったが解決



エンジンが掛からなくなってしまいました。

プラグを外して点検すると、煤でだいぶ黒ずんでいたので新品に交換してみました。チャンピオンのものは品番CJ14、NGKのものならばBM4A。交換後に点火を見てみると火花が出ているのでこれは問題なし。しかし掛からず。
キャブレターに詰まりか何かあるのかと思い、まずは燃料コックをオフにして燃料が行かないようにして、キャブレター内に残っている燃料でエンジンを始動してみると、かすかにエンジンが掛かる前触れの音になりました。キャブレターには問題なさそう。
次に燃料コックをオンにしてエンジンを掛けてみるが、掛かる気配なし。
エアフィルター(エアーエレメント、エアークリーナー)(品番17210-896-305)を新しくしてみました。古いエアフィルターがまぁまぁ汚れていたので一応。交換後、エンジンが掛からないのは変わらず。
F210エアーフィルター
F210 エアフィルター、使用約10年。

F210 エアーフィルター新品装着後
F210 エアーフィルター新品装着後



アクセル(スロットル)ワイヤーを見てみました。エンジン回転の調整場所は、本体の先端の方、アンダーカバーの上方にあります。
調整を固定するナットがユルユルで調整が効かなくなっていました。いつも何となくは気にしていましたが、ここまで緩くなっているとは思いませんでした。
小さいナット2個をスパナとラジオペンチで回して、ワイヤー(ケーブル)の張り具合を調整。エンジンを掛けてみると掛かりました!
エンジンを掛けたまま、回転が無くならない位置でL(ロー)を決めてナットを固定して、鉄アクセルレバー(エンジン回転調整レバー)の遊びを始動とL(ロー)の間で約1cm強にして調整完了。

F210アクセルレバー
F210アクセルレバー(鉄)



F210アクセルワイヤー
F210アクセルワイヤー交換後

アクセルワイヤーがだいぶ劣化していたので、これを新品(鉄用アクセルワイヤー)に交換してからは、回転の微調整が効くようになってとてもスムーズになりました。


管理者 : Masa
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿