2019年7月18日木曜日

オクラの植え替えは要注意

今季のオクラの発芽・成長は順調

角オクラの種(自家採取)を1畝に2列、20cmほどの間隔で約80個直播きしたところ、全部発芽したと思われる良い発芽率でした。
間引くのを前提にした直播きなので、オクラが小さいうちに間引いてしまわなければと思っていましたが、なかなかその作業に着手出来ず苗が雑草に埋もれてしまう状態に。
そしてさらに雑草と共に順調に成長。丈が20cmくらいになって苗の状態ではなくなってしまい、ようやく雑草を抜いてみるとオクラの葉が重なり合い始めて、さらにまずい状態になっていました。





もったいないからオクラを植え替えてみた(第1回目)

まずは2週間ほど前、丈20cmくらいの時に10株を間引いて植え替えを実施。雨が多く曇りがちなので、畑の土は全く乾燥せずに保水たっぷりで、植え替えには良い状況です。
オクラの根は直根(主根が真っすぐ)で脇の根(側根)は貧弱なので、植え替えには向かない根です。植え替えるとすると、根に土を付けた状態でないとその後の成長に良くない影響が出てしまいます。ポリポットから苗を外して、土ごと植え付けられる状態なら良いのですが。
直根は植え替え後、根が正常に水を吸い上げたりする元の状態にはなかなか戻らないようです。

さて、植え替え元のオクラの株を移植ゴテで周りから大きく掘り上げてみると、土が根からボロボロと離れてほとんど土が根に付いてきません!
これでは植える時にさらに土が付いてこないので、さっさとあきらめて植え替えにかかることに。

直根なので植え替え先の穴を深めに掘って根が曲がらないようにして、穴に水をたっぷり注いで植え付けをします。
埋めた土は強めに押し付けて乾燥しないようにして、水やりをたっぷりして終了です。

一週間後、その間晴れた日は無かったので乾燥せず、オクラは下葉を1枚だけ自ら落として根付いていました。下葉を自ら落としたのは、水分を汲み上げて葉に行き渡らせる力が植え替えによって少なくなったため、落としたのだと考えられます。




ダメもとでオクラを植え替えてみた(2回目で最後

1回目の植え替えから2週間後、間引いていない所がだいぶ混雑したので、雨がようやく上がったタイミングで最後の植え替えをしてみました。
ちなみに、1回目に植え替えたオクラは、移植していないオクラに比べるとだいぶ成長が遅くなっています。

直播きのオクラは根の長さを入れると約30cmになりまして、もう苗とは言えません。

植え替え始めるとなんとかなり久しぶりの日差しが!太陽を見るのは久しぶりです。オクラの植え替えの時に晴れ間が出なくてもいいのに、と思いつつ作業を続行。しかし晴れ間は3分間だけでした。 
植え替え直後のオクラの様子。すでに葉がしおれてきています。
植え替え直後のオクラの様子。すでに葉がしおれてきています。

直根だから相変わらず根に土が付いてきません。
20株ほどを植え替えて、1株は葉の裏側にハマキムシが付いて葉を喰い巻いていたので、開き始めた新しい葉を残して他は切り捨ててしまいました。
画像左側は前回植え替えたオクラ。右側が今回植え替えたしおれたオクラ。
画像左側は前回植え替えたオクラ。右側が今回植え替えたしおれたオクラ。

そして植え替えから約1時間後、葉をすべて残して植え替えたオクラは、先端までがお辞儀してしまって萎えてしまっています。水分がじゅうぶんに行き渡っていない結果です。
画像手前側が葉を落としたオクラ
画像手前側が葉を落としたオクラ

葉を切り捨てたオクラはピンとしています。葉を残しておいても回復しないと思ったので、新しい柔らかい葉を2枚ほど残してあとは思い切って切り捨てました。
葉を切り捨てました
葉を切り捨てました

すると約1時間後、先端までピンとして生き生きと回復。

植え替えたオクラが復活
植え替えたオクラが復活

まだ若い成長途中で葉を切り捨てたことによって光合成量が少なくなってしまい、今後の成長が遅くなるか、株が大きく育たないことでしょう。
しかし、間引いたオクラを捨てるのはかわいそうでもったいないので、植え替えた次第で、実を付けるまで見守っていきます。

オクラの植え替えはしないほうが良い

ということで、畑に直播したオクラを植え替えるとほぼ成長が鈍ってしまうので、植え替えはお勧めしません。
今回はもったいない根性でオクラを生かしてみました。結果は盛夏に。





管理者 : Masa
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月9日日曜日

ニンニクの大収穫

ニンニク収穫の機会は天候重視

ニンニクの収穫を5月中旬から下旬にかけて実施しました。
週末ファーマーの農作業だと土日しか収穫作業が出来ないので、前日や土日に降雨があると収穫出来ません。なぜ出来ないかというと、収穫したニンニクに水分を含んだ土が付いていると、その後の乾燥度合いと保存状況によってはニンニクが黒くカビてしまうことが多いからです。当地での梅雨入りはだいたい6月上旬なので、その前までに収穫作業を終わらせねばなりません。収穫着手までは、民間気象会社と気象庁の週間天気予報を毎日何度も見ながら収穫の機会を計りました。




ニンニクの収穫1回目

1回目の収穫は5月19日(日)でかなり暑い一日。この2週間前からは、ニンニクの花茎(いわゆるニンニクの芽)が伸びて、花茎の除去兼収穫が始まっていたのでニンニクの収穫時期が訪れたと判断しました。天候はほとんど降雨が無い雨不足が続いていたので、土がかなり乾燥中です。
ちなみにこの「ニンニクの芽」は炒めて食べると甘みがあって食感良く、外国産の冷凍ニンニクの芽とは比べ物になりません。 
ニンニクの芽(花茎)。この数倍を収穫。
ニンニクの芽(花茎)。この数倍を収穫。

この日は子供たちが露地完熟イチゴ狩りに来ていたので、ニンニクの引き抜き収穫体験もやってもらいました。

雑草の中の露地イチゴ
雑草の中の露地イチゴ

無農薬ほったらかし栽培の露地イチゴはというと、雨不足の結果ナメクジの発生が抑えられていたので、例年よりナメクジによる食害がかなり少なくなっていました。 

無マルチ敷きの露地イチゴ
無マルチ敷きの露地イチゴ

さて、1回目の収穫ではイチゴ狩りついでに持ち帰ってもらう分だけのニンニクを収穫したところ、良く出来た昨年に比べて更に出来が良くてまずは安心です。

収穫した露地イチゴの一部
収穫した露地イチゴの一部

しかし、全体量からすると少しですが、球割れ(裂球)しているのがありました。今回のこの球割れは、個体差による成熟の早さが原因で、収穫時期が遅かったことによるものと考えています。
この収穫したうち、小さめのものと形が良くないものを自家に持ち帰って皮を剥いてみたところ、外の皮がほんの少し若いものがありました。次回の日曜日の収穫なら全く問題無いでしょうということで、あとは雨が降らないことを願うだけです。






ニンニクの収穫2回目最終日

5月26日(日)、今期のニンニク収穫最終日です。火曜日に約2か月ぶりとなる本格的降雨があって、畑の土の水分量が多くなっているのではと心配しましたが、土がかなり乾燥していたためか、畑はすっかり乾いてカラカラ状態でした。
熊本県阿蘇産、無農薬無化学肥料で栽培された種ニンニクを、こちらでも同様に育てたニンニク976株。
春先からの雑草はほとんど除草せず(時間不足で出来ず)。しかしニンニクは負けませんでした。
一輪車の上に収穫したニンニク
収穫したニンニク

収穫したニンニクをカゴに入れるとすぐいっぱいに
収穫したニンニクをカゴに入れるとすぐいっぱいに

さて、最後の収穫です。ニンニクの茎をつかんで次々に抜いて、畝の近くに用意した一輪車に積んで、そして積み切れなくなったら、谷津(谷戸)上で茎の切断作業に入ります。不要な部分は直接自然に返せ(捨てられ)ます。
ここで正常なもの、球割れしているもの、正常に生育しなかったもの(ほんの少量)3種類に分けて網カゴに。
茎の切断に刃が長めのハサミを使ってみたところ、30本ほど切ったところで中指に痛みが出てしまいました。ニトリルゴム手袋を外して見てみると、ハサミがあたる所が赤くなってしまい、たった30株ほどでこうなるとは驚きです。これでは作業が続かないので、切断には包丁を使うことにして続行。茎を空中切りです。指の赤みは水ぶくれになってしまいました。
この切断作業を繰り返しておよそ5時間で完了!
ジャンボニンニクと見間違うようなものもあり、ニンニクの栽培は大成功となりました。

あとは、保存方法。
自然保存-1。量が多くて一個一個ヒモで茎を結んで吊るすのは面倒なので、潮干狩り(貝掘り)で貝を入れるのに使うようなネットにまとめて入れて、日差しと雨があたらない軒下に吊るしておく。
自然保存-2。量が多くて吊るせなかったものは、風通しの良い冷暗所で穴を開けた段ボール箱か収穫コンテナ(網目)で保存。
さらに、小さなものや球割れしたものは皮を剥いて冷凍保存。冷凍保存しておくと長期保存が可能です。自然保存では春を過ぎると芽が出てきてしまいますので。

4か月後には種ニンニクの植え付けです。栽培期間が長いなー。






管理者 : Masa
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月2日木曜日

キクイモ(菊芋)の植え付け

キクイモが自然発芽

種芋として保存していたけど植えきれなかったという赤芽里芋(たぶん、セレベス)をもらったので、これを植え付けようと耕うん前にそのエリアの様子を見に行ってみました。すると、スギナの中にヒマワリの苗に似た見慣れた若芽がいくつもあって、「あ、キクイモが出てきている。ずいぶんと掘り残しがあったんだなぁ。」の次には「掘らねば!」と。
自然に発芽したキクイモ
自然に発芽したキクイモ

1月に収穫を終えたキクイモの掘り残しが種芋として次につながりました。
収穫時のYoutube動画です。



耕うん機を入れる前に掘り上げてみると、なんと約50株も。
切断されて3cmほどに小さくなったイモからもちゃんと発芽していて、かなり発芽率が良いようです。
種芋から茎が外れてしまったものがありましたが、茎に根が付いているのでキクイモの丈夫さを考えたらそのまま植えても根付くはずなので、これもキープとなりました。
掘り上げたキクイモ苗
掘り上げたキクイモ苗

掘り上げたコンニャク芋
掘り上げたコンニャク芋

ついでにこのエリアにあったコンニャク芋も掘り上げ。生子(キゴ)をもらった試しに植え付けてから3年目。植え替えなかったのでほぼ失敗です。しかし勿体ないので埋め直してみました。どうなることやら。





キクイモ苗の植え付け

背丈高く育つので、植え付ける場所は棚状の畑地エリアを選択。ちょっと場所が狭いけど他に適地がないので仕方ありません。
畝は高くしないで、発芽したものを間隔約15~20cmで置いていって土を被せていくという方法で、時間がないので次々に植え付けていきました。
新芽はちょっとしおれてしまいましたが、夜中から雨降りという天気予報なので、水撒きはしないで天に任せます。
植え付けたキクイモ
植え付けたキクイモ
2日後、雨後のキクイモ苗。成長が早い。
2日後、雨後のキクイモ苗。成長が早い。


キクイモ種芋の植え付け

さて、次は種芋として購入しておいた赤紫色のキクイモの植え付けです。ちなみに、この赤紫色のキクイモは、「赤キクイモ」「紫フランスキクイモ」「紅キクイモ」「フランス赤キクイモ」などと呼ばれているものです。
種芋は約2kgあります。数にすると約30個。キクイモ苗を約50株も余計に植え付けてしまって場所の予定が狂ったので、「土手カボチャ」として植え付ける予定だった場所を狭めてそこに植え付けることにしました。
赤紫色キクイモの植え付け
赤紫色キクイモの植え付け

土作りは粒状ケイフンだけを撒いて耕うんしてあります。
軽く畝を作って約20cm間隔で種芋を置いていって土を被せておしまい。




エゴマが発芽

エゴマが発芽
エゴマが発芽

約10日前に種をバラ蒔きしたエゴマが、ちょっとムラがあるものの発芽。雨が降って水分が行き渡ったからでしょう。
キクイモに囲まれることになりますが、どう成長していくのでしょう?初めてのエゴマ栽培なので楽しみです。





管理者 : Masa
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の投稿