2021年3月14日日曜日

草刈機のギヤケース交換

 草刈機の異音発生

タナカPCG24EASPの草刈機(刈払機)
タナカPCG24EASPの草刈機(刈払機)


タナカPCG24EASPの草刈機(刈払機)が完全に故障する前、ギヤケースのあたりから「シャーシャー」と何かが擦れるような音が時々小さく発生していました。

軸に細い針金でも巻き付いたのかな?と思い、目視だけで点検してみましたが変わった様子は無しです。

たいした音ではないし時々なので、そのまま使ってその日は草刈りを終了にしました。




 

 

草刈機の異音が大きくなり、故障。

故障当日、やはりギヤケースのあたりからの異音があり、ちょっと使ったら異音が連続するようになり、異音が大きくなってしまい不安に。

ここで、刃を外して点検してみましたが、外見上は異常無し。しかし、明らかに異常なので、音からしてギヤケース内のベアリングが劣化しているのだろうと思い、そのまま使ってみることにしました。

そして、幹が太い菜の花系の根元近くの切断をしていると、「ガラガラー」という破壊音とともに刃への動力が伝わらなくなり、明らかに故障発生となりました。

草刈りを開始して10分あまりで繁忙期なのに終了…。

 

 

ギヤケース交換へ

経年劣化があちこちにきているので、新しく草刈り機を買い替えようと思いましたが、この草刈機は一応借り物(持ち主不在)であるので、修理することに決定。

それに、今まで自分で色々修理したし。

壊れたギヤケース。棒差し込み穴が拡大し。
壊れたギヤケース。棒差し込み穴が拡大し。


草刈機のギヤケースを外した状態
草刈機のギヤケースを外した状態

 

ギヤケースを外してみると、ギヤケース内からベアリングと歯車が出てしまい、竿(アウターパイプ)の中で散乱状態。ギヤケースを交換することにしました。

その時に、エンジンからギヤケースに動力を伝える伝導軸(ドライブシャフト)が、スポッと本体から抜けたので、大丈夫なのかととても不安に。しかし問題なしでした。

伝導軸がスクエアタイプ
伝導軸がスクエアタイプ
 

タイプを確認すると、竿の径24mmで、伝導軸がスクエアタイプなことから、ギヤケースASSYは7種類あるうちの「Gタイプ」が適合なので、ネットで購入。

伝導軸の直径
伝導軸の直径

壊れたギヤケースの内部
壊れたギヤケースの内部

ギヤケース内の壊れた部品
ギヤケース内の壊れた部品

ギヤケースと刃の接合部品
ギヤケースと刃の接合部品


 

ギヤケースの交換

新しいギヤケース
新しいギヤケース


新しいギヤケースの側面
新しいギヤケースの側面

付属していた工具
付属していた工具


さて、取り付け前に説明書を読むと、(竿に)ギヤケースを奥まで差し込んで、回り止めネジ穴が合わない場合は、ドリルでの穴開け加工が必要とあります。

穴の位置は合うのではないかなぁ、と楽観的に考え、取り付けてみると残念、2cmほどずれていました。

後日、電動ドリルで穴を開け、ギヤケースを差し込んで交換完了。

下側に穴を新たに開けました
下側に穴を新たに開けました

 
ギヤケースに刃を取り付け
ギヤケースに刃を取り付け

新しいギヤケースの内部
新しいギヤケースの内部


無事に刃が回転して修理が終わりました。

 

草刈機のギヤケースを交換して、動作確認後。
草刈機のギヤケースを交換して、動作確認後。

今度から、グリスを50時間使用ごと(推奨)の注入も心掛けましょう。

草刈機(刈払機)のグリース
草刈機(刈払機)のグリース

 

 

 



管理者 : Masa


人気の投稿